「しょっちゅう、離婚というものが…」名物“エロ本”編集者の苦悩

不倫

2015/01/22 11:30

 エロ本業界の名編集者・末井昭と、妻の写真家・神藏美子。彼女が2002年に出した、前夫・坪内祐三氏(文芸評論家)と末井氏との「三角関係」を記した私的ノンフィクション写真集『たまもの』(筑摩書房)は当時、話題を集めた。結婚した二人にはすぐに危機が訪れたという。そして、「イエスの方舟事件」の千石剛賢氏(2001年没)に話を聞いてもらいに出かけたと明かす。

あわせて読みたい

  • 写真家・アラーキーが最初に惚れた男とは?

    写真家・アラーキーが最初に惚れた男とは?

    週刊朝日

    1/22

    女優・藤田朋子の夫 つき合う前に「うわあ!」と携帯電話を切った理由

    女優・藤田朋子の夫 つき合う前に「うわあ!」と携帯電話を切った理由

    週刊朝日

    11/6

  • “1年契約”結婚続ける妹尾河童夫妻 別れるときに便利だから?

    “1年契約”結婚続ける妹尾河童夫妻 別れるときに便利だから?

    週刊朝日

    11/12

    夫婦は家族ではなく「奴隷」? 脚本家夫婦・木皿泉の夫婦観

    夫婦は家族ではなく「奴隷」? 脚本家夫婦・木皿泉の夫婦観

    週刊朝日

    10/3

  • 無敵の椎名誠が緊張? 奥さまとの初めての取材

    無敵の椎名誠が緊張? 奥さまとの初めての取材

    週刊朝日

    1/6

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す