肺がんの切り札「個別化医療」で長期生存例も

がん

2014/12/17 07:00

 手術、放射線治療と並ぶがんの3大療法の一つである、抗がん剤治療。患者数の多い肺がんの最新治療薬について、がん研有明病院血液腫瘍科部長畠清彦医師に解説してもらった。12月8日発売の週刊朝日ムック「新『名医』の最新治療2015」から紹介する。

あわせて読みたい

  • 患者数1位の「大腸がん」 遺伝子検査で決める「最適薬」とは?

    患者数1位の「大腸がん」 遺伝子検査で決める「最適薬」とは?

    週刊朝日

    6/4

    肺がんも長期延命が可能に タイプ別の個別化診療とは?

    肺がんも長期延命が可能に タイプ別の個別化診療とは?

    週刊朝日

    4/7

  • 病巣だけを狙い撃つ 新しい抗がん剤が登場

    病巣だけを狙い撃つ 新しい抗がん剤が登場

    週刊朝日

    6/3

    10ccの血液ががん治療を変える? 「リキッドバイオプシー」とは

    10ccの血液ががん治療を変える? 「リキッドバイオプシー」とは

    AERA

    2/8

  • 「がん薬物療法」後悔しないために知っておきたいの3つの目的 根治以外は?

    「がん薬物療法」後悔しないために知っておきたいの3つの目的 根治以外は?

    dot.

    5/11

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す