「望月義夫環境大臣は無責任か大悪人のどっちか」ドン小西がファッション性格診断 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「望月義夫環境大臣は無責任か大悪人のどっちか」ドン小西がファッション性格診断

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
望月義夫(環境大臣)1947年、静岡県生まれ。中央大学法学部卒業後、清水市議を4期、静岡県議を2期務める。96年の衆院選挙で無所属で出馬し、当選。翌年、自民党に復党。今年9月の内閣改造で環境相、内閣府特命担当相に任命される=10月28日未明の緊急記者会見で、政治資金収支報告書の記載ミスを釈明するも辞任は否定(撮影/朝日新聞社・嶋田達也) (c)朝日新聞社 

望月義夫(環境大臣)
1947年、静岡県生まれ。中央大学法学部卒業後、清水市議を4期、静岡県議を2期務める。96年の衆院選挙で無所属で出馬し、当選。翌年、自民党に復党。今年9月の内閣改造で環境相、内閣府特命担当相に任命される=10月28日未明の緊急記者会見で、政治資金収支報告書の記載ミスを釈明するも辞任は否定(撮影/朝日新聞社・嶋田達也) (c)朝日新聞社 

 10月28日未明の会見で、政治資金収支報告書の記載ミスを明らかにした望月義夫環境大臣。ファッションデザイナーのドン小西氏は、本心が何も見えない不気味なファッションだという。

*  *  *
 そりゃあ、深夜に大臣が会見を開くとなれば、誰だって一大事だと思うわな。なのに蓋を開けたら辞任もない、ただの釈明会見だもの。世間がエボラで騒いでるうちに……っていうちゃっかり説があるけど、この人のファッションを見る限り、やりかねないよ。だってこのスーツ、どこを取ってもフツーのなかのフツー。ここまでフツーだと、隠したい本心でもあるのかと勘ぐりたくなるレベルだもんな。

 あたしの統計だと、この手のファッションの人は、無責任に何にも考えてない人か、または本性を見せない大悪人のどっちか。この人の場合気になるのは、そのフツーが用意周到で演出くさいことだよ。ミョーな二八分けの髪形も、もしやこの人なりのフツーのアピール? シャツの首回りがブカブカなのは、会見で汗をかくのを予想して? とか、いろんな疑念がわいてくる。

 ついでに言うと、クリーンでオシャレが売りのはずの環境省の大臣が、昭和の役人みたいなスーツっていうのも、どうなのよ。ま、エボラ騒動とか、故人の奥さんとか、環境は環境でも身近な環境を保身にフル活用するのは、ほどほどに。

週刊朝日 2014年11月14日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい