ダイエー“消滅”の理由は「安さから抜けられなかったから」セブン&アイHD会長語る

林真理子

2014/10/06 07:00

鈴木敏文さん(右)と林真理子さん(撮影/写真部・大嶋千尋)
鈴木敏文さん(右)と林真理子さん(撮影/写真部・大嶋千尋)

 出版取次業から小売業に転じた、セブン&アイ・ホールディングスの鈴木敏文会長兼CEO。作家・林真理子さんとの対談でダイエーが衰退した理由について持論を語った。

*  *  *
林:ところでお名前を出すのは恐縮ですが、ダイエーの中内功会長は、最後は非常に残念なことになってしまいましたよね。何がいけなかったと思われますか?

鈴木:中内さんは偉大な経営者で、ものが不足していた時代に日本にスーパーマーケットを導入して、いかにものを充足させるか、いかに安く売るかということに専念した。ただ時代がどんどん変わってきたのに、“安さ”から抜けられなかったんでしょうね。

林:それから西武の堤清二さんも。私、堤さんのいちばんいいときに西友の宣伝部に机をもらっていたので、西武がああなったときにはショックでした。

鈴木:僕も堤さんとはお付き合いがありました。林さんもご存じのとおり、彼は高度成長の波に乗って新しいことに挑戦し続けた人でしょう。経済がいったん下向きになったときに、その変化に対応できなかったのかもしれない。

林:鈴木会長はご自分でどこが違っていたと思われますか。

鈴木:僕はたまたま小売業に来てしまったから、やや冷めた目で、のめり込まずにものを見てきた。それがよかったのかもしれない。たとえば同じものだったら、誰だって安いほうがうれしいですよね。

林:はい。

鈴木:だけど世の中には流行というのがある。食べものでも何でも、時代の変化に合った新しいものを提供していかなくちゃいけない。だから「安さじゃなくて質を重視しなさい」と言ってきた。

林:おにぎりも、高くしたら売れたんだそうですね。

鈴木:そう。競争が激しくなってきてお客さんがおにぎりに飽きてきたとき、開発担当者が「120円のおにぎりを100円にしましょう」と提案してきた。それで僕はみんなに言った。「100円はいい。だけど、それで売れなくなったら90円にするのか? 90円で売れなくなったら80円にするのか?」って。お昼に食堂に入ったってせいぜい400~500円でしょう。仮におにぎり一つ200円で売ったって、二つで400円。そしたらこんなに安いものはないでしょう。だから、「値段を下げるんじゃなくて、いいものをつくりなさい。1個130円、150円のおにぎりを出しなさい。いちばんいいおにぎりは200円にしなさい」と言ったんです。みんなそれじゃ売れないと言ったけど、売れました。

週刊朝日  2014年10月10日号より抜粋

あわせて読みたい

  • 発売中止になったセブンの中華麺 セブン&アイHD会長は「おいしくないから」

    発売中止になったセブンの中華麺 セブン&アイHD会長は「おいしくないから」

    週刊朝日

    10/7

    鈴木敏文セブン&アイHD会長「ほかのコンビニに入ったことがない」

    鈴木敏文セブン&アイHD会長「ほかのコンビニに入ったことがない」

    週刊朝日

    10/3

  • 杏と結婚できた? 鈴木亮平「ごちそうさん」不合格を語る

    杏と結婚できた? 鈴木亮平「ごちそうさん」不合格を語る

    週刊朝日

    6/5

    セブン&アイ・HD会長が明かす「業績を上げる原則」

    セブン&アイ・HD会長が明かす「業績を上げる原則」

    AERA

    2/3

  • 鈴木亮平 トニー賞候補の渡辺謙に「負けてられない」

    鈴木亮平 トニー賞候補の渡辺謙に「負けてられない」

    週刊朝日

    6/8

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す