“富士山に登るのが無謀”なのはこんな人 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

“富士山に登るのが無謀”なのはこんな人

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
富士山は日本一高い山。しっかりと準備して登りましょう

富士山は日本一高い山。しっかりと準備して登りましょう

 昨年、世界文化遺産に登録された富士山。今年の開山期間は、静岡県側の「富士宮ルート」「御殿場ルート」「須走ルート」が7月10日~9月10日、山梨県側の「吉田ルート」はすでに開山し、9月14日までの予定だ。中高年男女が初めての富士登山を成功させる心得とは––。

 中高年の初心者の場合、「目標達成できる体づくり」をすることが大切だ。

「富士山を登るには平均20度の坂を上ることになりますが、1時間に1キロが目安。それは1時間で約300メートルの高さを登ることを意味しますから、平地を歩く負担とは比べものにならない。だからまず、平地を時速4キロで4~5時間は歩けることが最低条件となります。それだけに、日頃、歩いていない人がいきなり富士山に登るのは無謀です」(山歩き講習会を主催、登山の本を数多く執筆している編集者・ライターの伊藤幸司さん)

 普段運動していない人はどうすればいいか。医師で登山家の今井通子さんは、登山の1カ月前から1日1時間以上歩くことをすすめる。

「最初の1週間は普通の速度で、2週目は早足で、3週目はさらに早く、4週目にはジョギングへと負荷を高めていくと、心肺機能も鍛えられます。ウオーミングアップとクールダウンの運動も忘れず、首、肩、手首、足首など、日頃あまり動かさない部分を十分にほぐしておきましょう」

 準備の締めとして、「登山計画書」を作成しよう。

「行方不明になった場合などの貴重な手がかりとなるので、必ず作成・提出してください」(今井さん)


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい