死亡率の高い肺がん いま注目されているのは「放射線治療」

がん

2014/06/17 07:00

 肺がんで死亡する人は年間7万人。がんの部位別では最も死亡者数が多く、しかも年々増え続けている。罹患(りかん)した場合の死亡率が高い「難治がん」のひとつだが、画像検査の普及によって早期に発見し、完治できるケースも増えている。

あわせて読みたい

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す