元巨人ドラ1の辻内「最後は野球を嫌いになりかけていた」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

元巨人ドラ1の辻内「最後は野球を嫌いになりかけていた」

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
コミュニケーションをとりながら指導する辻内(撮影/写真部・工藤隆太郎)

コミュニケーションをとりながら指導する辻内(撮影/写真部・工藤隆太郎)

痛みの残る肩で軽くキャッチボール(撮影/写真部・工藤隆太郎)

痛みの残る肩で軽くキャッチボール(撮影/写真部・工藤隆太郎)

 夏の甲子園を沸かせ、2005年秋のドラフト1位で巨人入りした辻内崇伸(26)。度重なる故障で、8年間1軍登板のないまま昨年引退。埼玉県を拠点に活動する女子プロ野球チーム「イースト・アストライア」のコーチとして再出発した。その胸の内に迫った。

 高3で出場した夏の甲子園では大会最多タイ記録(当時)の1試合19三振を奪ったほか、左投手としては最速の156キロを投げた。鳴り物入りで入ったプロ野球の世界で、辻内はケガとの闘いを続けることになる。

「この8年間はケガで苦しんでいる時間のほうが長かった。最後は野球を嫌いになりかけてましたね」

 プロ2年目の19歳のときに左ひじの靭帯を断裂し、再建手術を受けた。

「術後1年半ぐらい野球ができなくて、あれはつらかったですね。それからはずっとケガ、ケガ、ケガ。ひじと肩を交互に痛めてるような状態でした」

 巨人のドラフト1位という輝かしい「肩書」も辻内を苦しめた。

「ただでさえドラ1ってことで周りからの注目がすごい。そのプレッシャーはいつもありました。しかも自分はめっちゃプレッシャーに弱いから、必要以上に『投げないといけない』って重たく感じてしまって」


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい