元巨人ドラ1の辻内「最後は野球を嫌いになりかけていた」

2014/03/31 07:00

 夏の甲子園を沸かせ、2005年秋のドラフト1位で巨人入りした辻内崇伸(26)。度重なる故障で、8年間1軍登板のないまま昨年引退。埼玉県を拠点に活動する女子プロ野球チーム「イースト・アストライア」のコーチとして再出発した。その胸の内に迫った。

あわせて読みたい

  • 斎藤佑樹だけじゃない…プロで輝けなかった高校野球のスターたち【投手編】

    斎藤佑樹だけじゃない…プロで輝けなかった高校野球のスターたち【投手編】

    dot.

    11/8

    才能が花開かず…“ドラ1”入団も「1軍出場なし」で終わった選手たち

    才能が花開かず…“ドラ1”入団も「1軍出場なし」で終わった選手たち

    dot.

    6/3

  • 巨人の“高卒ドラ1投手”失敗の歴史 桑田以降エースは生まれず、堀田が終止符打つか

    巨人の“高卒ドラ1投手”失敗の歴史 桑田以降エースは生まれず、堀田が終止符打つか

    dot.

    4/6

    指名選手はたまらん…ドラフト会議で起きた“人生を変えた珍事”

    指名選手はたまらん…ドラフト会議で起きた“人生を変えた珍事”

    dot.

    10/26

  • 大阪桐蔭の甲子園優勝投手は今…プロで苦しむ日本ハム・柿木蓮の現在地

    大阪桐蔭の甲子園優勝投手は今…プロで苦しむ日本ハム・柿木蓮の現在地

    dot.

    5/21

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す