「死んで終わりじゃない」 作家・吉永みち子と母の複雑な関係

出産と子育て

2014/03/21 11:30

 1985年に『気がつけば騎手の女房』で大宅壮一ノンフィクション賞を受賞し、現在はコメンテーターや地方分権改革推進会議の委員などを歴任する吉永みち子さんが、「死んで終わり」じゃない母との関係を話した。

あわせて読みたい

  • 小島慶子が実母との確執語る「母が連絡してくるたびに熱を出していた」

    小島慶子が実母との確執語る「母が連絡してくるたびに熱を出していた」

    週刊朝日

    12/6

    作家・村山由佳「母娘だからわかり合えるというのは幻想」

    作家・村山由佳「母娘だからわかり合えるというのは幻想」

    週刊朝日

    12/9

  • 「介護=長男の妻」は過去 泥沼「きょうだい介護」の現実

    「介護=長男の妻」は過去 泥沼「きょうだい介護」の現実

    週刊朝日

    4/29

    作家・村山由佳 今も残る母への「わだかまり」吐露

    作家・村山由佳 今も残る母への「わだかまり」吐露

    AERA

    10/19

  • 幼い頃、母が言った「醜い顔」… 62歳まで残る憎しみとは

    幼い頃、母が言った「醜い顔」… 62歳まで残る憎しみとは

    dot.

    4/14

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す