恥ずかしい? 病院で射精する「精子検査」を体験 (1/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

恥ずかしい? 病院で射精する「精子検査」を体験

このエントリーをはてなブックマークに追加
(※イメージ)

(※イメージ)

 射精できる限り、男性はいくつになっても子どもをつくれる。それは幻想です。35歳を境に卵子の劣化が進む女性と同じように、男性の精子も35歳から急激に「精子力(=妊娠させる力)」が衰えて、妊娠の確率は下がっていく。あなたの精子は“元気”ですか?

 日本では、「避妊せず性交しているのに、2年以上たっても妊娠に至らない状態」を不妊と定義している。米国の生殖医学会の基準はより厳しく1年だ。不妊に悩むカップルの正確な数はわからないといわれているが、6組に1組というデータもある。

「女性は35歳ごろから卵子の老化が進み、妊娠・出産のリスクが高くなる。そのため、不妊の原因は女性側にあると考えられがちですが、不妊の約半分は男性側の原因によるものなのです」(大宮中央総合病院の飯野好明医師)

 男性不妊症の原因は、大きく次の三つに分けられる。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい