メバチマグロは10年で6倍の濃度に 「水銀」が増えた魚

2013/05/22 11:30

 日本全国どころか、世界各国から魚介類が集まり、取引金額では世界最大の東京・築地の中央卸売市場。東京都では、1973年から毎年、築地の中央卸売市場の魚介類を中心に、水銀濃度を調査している。

あわせて読みたい

  • 中国から飛来する水銀 微小粒子状物質「PM2.5」より恐ろしい事実

    中国から飛来する水銀 微小粒子状物質「PM2.5」より恐ろしい事実

    AERA

    3/10

    天然マグロ 養殖より有害物質が多い理由

    天然マグロ 養殖より有害物質が多い理由

    週刊朝日

    6/13

  • スズキは最大200倍 海底に溜まるセシウムで底層の魚は高濃度汚染

    スズキは最大200倍 海底に溜まるセシウムで底層の魚は高濃度汚染

    週刊朝日

    5/24

    マグロを扱うプロの職人が「最後に行き着くマグロ」とは? 本マグロじゃないんです
    筆者の顔写真

    岡本浩之

    マグロを扱うプロの職人が「最後に行き着くマグロ」とは? 本マグロじゃないんです

    AERA

    2/24

  • 熊本地震で“水俣病再来”の危機 護岸損壊で有機水銀流出の恐れ

    熊本地震で“水俣病再来”の危機 護岸損壊で有機水銀流出の恐れ

    週刊朝日

    5/23

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す