妻としての雅子さま「だよね」と皇太子さまとリラックスムード (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

妻としての雅子さま「だよね」と皇太子さまとリラックスムード

このエントリーをはてなブックマークに追加
昨年10月の文化庁芸術祭では、ご夫婦で仲むつまじくご公務 (c)朝日新聞社 

昨年10月の文化庁芸術祭では、ご夫婦で仲むつまじくご公務 (c)朝日新聞社 

 皇太子ご夫妻のご結婚からまもなく20年を迎える。20年という結婚生活の中で、皇太子さまと雅子さまの離婚説が、幾度も流れては消えた。実際のところ、お二人の仲はどうなのだろうか。ご夫妻を近くで見た人物は、その様子をこう話す。

「非常に仲がいい。お出かけのときなども後ろで聞いていると、雅子さまは皇太子さまに『――だよね』といったふうにリラックスした雰囲気で話していますよ」

 殿下の公務や執務が終わる夕方あたりから1時間程度、お二人で仲良くテニスをすることもある。場所は、東宮御所内のテニスコートや、天皇陛下や皇族方も利用する東京ローンテニスクラブだ。

 美智子さまは、スコート姿でテニスをすることが多いが、普段もパンツスーツを愛用する雅子さまは、テニスの際も長いパンツ型のウエアを着用する。「足を出す短パンやスコートを着用なさったのは見たことがありません」(宮内庁職員)。

 皇太子さまのテニスはかなりの腕前だ。それだけに、皇太子さまがサーブなどで失敗すると雅子さまが、「あーあ」といった表情を見せて明るい声で笑うなど、和やかな空気が流れている。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい