71歳現役オートレーサー 「やめようか」と思った瞬間 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

71歳現役オートレーサー 「やめようか」と思った瞬間

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日

 選手生命の短いスポーツの世界で、それもケガと隣り合わせのレースの世界で、古希を過ぎても選手として活躍している人がいる。今なおプロとして活躍する71歳のオートレーサー谷口武彦選手だ。

 3月17日、川口オートレースでの第3レース。黒のゼッケン2番をつけた谷口選手が先頭でゴールした。71歳109日での勝利。自身の持つ公営競技の最年長勝利記録を更新した瞬間だった。

 子どものときから、とにかくバイク好き。20歳のときには自分のバイクを持ち、仲間たちと「カミナリ族」と呼ばれたことも。先にオートレーサーになった兄を見て、谷口さんもレーサーになることを希望したが、母がなかなか首を縦に振らない。何とか説得し、レーサーになったのが、24歳のときだった。

 長いレーサー生活の中で、40代のときに一度、レーサーをやめようかと考えたという。日本は折しもバブル景気。自分も何か商売ができないかと考えたのだ。

「でも、いい商売は思いつかなくて。それなら好きなオートバイにしがみついていたほうがいいかなと。結果、それが良かった」

 成績が悪ければ引退勧告もあるのがオートレースの世界。出走できる間は走り続けようと思う。

「お客さんが見てくれて、『あいつにできるなら、俺にもできる』と思ってくれれば、一番嬉しいですね」

週刊朝日 2013年4月12日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい