ラウンドガールとプロボクサーを兼任する美女・高野人母美 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ラウンドガールとプロボクサーを兼任する美女・高野人母美

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
現役モデルでプロボクサーでもある高野人母美さん(撮影/写真部・馬場岳人)

現役モデルでプロボクサーでもある高野人母美さん(撮影/写真部・馬場岳人)

 来月、股下90センチの美女モデルが闘いを求めてプロボクシングのリングに上がる。8.4頭身の現役モデルでプロボクサーの高野人母美(ともみ)さんだ。

 汗みどろの男たちがサンドバッグをたたく横で、すらりとした長い手足の小顔美女がバンデージを巻いている。意外と違和感はない。

「男の子ばかりの中でずっとサッカーをやっていたから、女子のオーラがなくなったんです」とあっけらかんと話す。

 177センチの長身で、18歳からモデルとして活動。ファッションショーなど華やかな仕事をこなす一方、3年前から始めたボクシングでは地道な努力を欠かさない。毎朝6時半から走り込み、午後は二つのジムをハシゴして練習する。

「筋肉がついて体重が8キロ増えました。同時に、アンダーバストも10センチ大きくなりました(笑い)」

 プロデビュー戦は4月6日(米軍キャンプ座間)だが、待ちきれない人は、3月25日に後楽園ホールへどうぞ。ラウンドガールの高野さんを見ることができる。

週刊朝日 2013年3月29日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい