動燃の「原発推進」工作で名前の挙がったあの人

原発

2013/03/13 07:00

 週刊朝日が詳報した旧動燃(動力炉・核燃料開発事業団=現・日本原子力研究開発機構)の「住民工作資料」は、岡山県と鳥取県の県境に位置する人形峠周辺、ウラン鉱山の一つがあった鳥取県東郷町(現・湯梨浜町)方面地区において、組織ぐるみで住民たちの個人情報を集め、「思想チェック」「素行調査」をしていた――というものだった。しかし、旧動燃が手を染めていた「工作」は、それだけではない。〈K機関(後にKチームに改名)特務隊のアクションプログラム 第1案〉と題された内部資料の驚くべき内容を、ジャーナリストの今西憲之氏と週刊朝日取材班が暴露する。

あわせて読みたい

  • 工作疑惑の動燃元次長 「電力業界はいろいろある」

    工作疑惑の動燃元次長 「電力業界はいろいろある」

    週刊朝日

    3/13

    動燃「組織ぐるみ選挙」示す? 極秘「西村ファイル」

    動燃「組織ぐるみ選挙」示す? 極秘「西村ファイル」

    週刊朝日

    3/21

  • 旧動燃「情報統制」でランク分け 自民議員はAで、野党はB

    旧動燃「情報統制」でランク分け 自民議員はAで、野党はB

    週刊朝日

    4/3

    動燃、反原発派の見学者に大パニック

    動燃、反原発派の見学者に大パニック

    週刊朝日

    3/30

  • 動燃、核燃料再処理施設検査すり抜けに法改正まで策謀

    動燃、核燃料再処理施設検査すり抜けに法改正まで策謀

    週刊朝日

    8/23

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す