回答もない東電の損害賠償 福島・畜産農家から怒りの声

原発

2013/02/25 11:30

 大震災に伴う福島第一原発事故から、もうすぐ2年になろうというのに“加害者”である東京電力の損害賠償手続きは一向に進んでいない。福島第一原発から70キロほど南にある蛭田牧場(福島県いわき市)の蛭田冨行さん(75)、幸広さん(45)親子は、廃業の危機に瀕している。東電に補償を求めたが、年が明けた現在も具体的な進展はない。ジャーナリストの桐島瞬氏は、その実態を調査した。

あわせて読みたい

  • 9兆円超の賠償金を狙う「詐欺」が続出 原発事故の余波

    9兆円超の賠償金を狙う「詐欺」が続出 原発事故の余波

    週刊朝日

    2/3

    福島第一原発事故 セシウム汚染された牛糞の処理が問題に

    福島第一原発事故 セシウム汚染された牛糞の処理が問題に

    週刊朝日

    2/20

  • 広瀬隆「東電の傲慢さを集団訴訟で裁く時」

    広瀬隆「東電の傲慢さを集団訴訟で裁く時」

    週刊朝日

    10/26

    原発事故、国と東電に責任あり! 前橋地裁の判断は「事故は防げた」

    原発事故、国と東電に責任あり! 前橋地裁の判断は「事故は防げた」

    dot.

    6/2

  • 古賀茂明「大問題の原子力損害賠償法改正案を国会でこのまま通してはいけない」
    筆者の顔写真

    古賀茂明

    古賀茂明「大問題の原子力損害賠償法改正案を国会でこのまま通してはいけない」

    dot.

    11/12

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す