学校カースト キモメンがイケメンになれない理由 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

学校カースト キモメンがイケメンになれない理由

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日

 俗に『1軍、2軍、3軍』『イケメン、フツメン、キモメン(オタク)』『A、B、C』などと呼ばれるグループにクラスが分断され、グループ間交流がほとんど行われなくなる「学校(スクール)カースト」。心理学者の小倉千加子さんは、このスクールカーストの階層の下位にいる男子が上位にあがれない理由などを次のように話す。

*  *  *
 自分の地位を客観的に知ることに関して、男子はもともと女子よりも能力が低い。女性とは自分の身体を直接的に操作することで印象操作をする性別(ジェンダー)のことである。

 1軍、Aランクの男子は「女性的モニタリングを怠らない男子」なのである。男子には中学や高校に入った時点で、努力して「キャラ変え」をするという方法がある。「いじめられキャラ」ではなく、自ら「いじられキャラ」になっていく。被虐の前に自虐して人気者になればいいのである。

 しかし、3軍、Cランクの男子が自分を直接操作することに不向きなのは「男性度の高すぎる男子」だからである。

週刊朝日 2013年3月1日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい