ガザ・イスラエルを停戦に導いた立役者は諜報機関?

2012/11/27 07:00

 11月14日(現地時間)から激化したイスラエル軍とパレスチナ武装勢力「ハマス」の戦闘は、21日、エジプトの仲介で停戦が成立した。イスラエルのハイテク兵器が世界中から注目されるなか、軍事ジャーナリストの黒井文太郎氏は、諜報機関のアナログな情報収集能力の精度と、その役割について、こう指摘する。

あわせて読みたい

  • 「狙われる恐怖」乗り越え病気の子供救う…イスラエル女性の葛藤 現地にいる日本人が生の声を取材

    「狙われる恐怖」乗り越え病気の子供救う…イスラエル女性の葛藤 現地にいる日本人が生の声を取材

    AERA

    6/4

    ミサイル9割を迎撃 超ハイテク兵器「アイアンドーム」とは

    ミサイル9割を迎撃 超ハイテク兵器「アイアンドーム」とは

    週刊朝日

    11/26

  • 停戦は「命が脅かされなくなる」だけ “巨大な監獄”ガザに残された人々

    停戦は「命が脅かされなくなる」だけ “巨大な監獄”ガザに残された人々

    週刊朝日

    10/18

    「あまりにも理不尽でひどい」記者が見たエルサレム「首都宣言」の代償 

    「あまりにも理不尽でひどい」記者が見たエルサレム「首都宣言」の代償 

    AERA

    12/19

  • ミサイル発射に「慣れきった」イスラエルで、国民が日常生活を送れるようになった理由
    筆者の顔写真

    Nissim Otmazgin

    ミサイル発射に「慣れきった」イスラエルで、国民が日常生活を送れるようになった理由

    dot.

    10/23

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す