風邪じゃなくて肺がんだった! 非喫煙者も注意すべし

がん

2012/11/02 16:00

「まさか自分が……」。がんと診断されると、多くの人がそう感じ、頭が真っ白になるだろう。死亡数が多い肺がんは、風邪と症状が似ているために見逃してしまうこともあるという。ライターの中寺暁子氏はこのように説明する。

あわせて読みたい

  • いま注目のがんをくり抜く放射線 破壊力は強大

    いま注目のがんをくり抜く放射線 破壊力は強大

    AERA

    11/1

    がん症状出ず、解剖して初めてわかるケースも

    がん症状出ず、解剖して初めてわかるケースも

    週刊朝日

    11/1

  • しゃっくりもサイン? 死亡者最多のがん「肺がん」発見のコツ

    しゃっくりもサイン? 死亡者最多のがん「肺がん」発見のコツ

    AERA

    3/9

    検便も内視鏡も恥ずかしい? 「大腸がん」が女性のがん死亡数1位の背景

    検便も内視鏡も恥ずかしい? 「大腸がん」が女性のがん死亡数1位の背景

    AERA

    2/6

  • 住民検診と人間ドック、あなたはどっち? 5大がんの検診徹底解説

    住民検診と人間ドック、あなたはどっち? 5大がんの検診徹底解説

    AERA

    7/7

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す