人間が20秒で死ぬ「ガラス固化体」管理は10万年!?

池田清彦

2012/10/18 07:00

 日本学術会議が高レベル放射性廃棄物をパックしたガラス固化体の地層処分の見直しを提言し、原子力委員会に報告した。早稲田大学国際教養学部教授の池田清彦氏はそのニュースを聞いて、学術会議もようやくまともなことを言い出したという想いと、人類は10万年も先まで生存しているのだろうかという想いが錯綜し、ちょっと複雑な気持ちになったという。

あわせて読みたい

  • 辛坊治郎氏 「六ケ所村を見れば原発をどうすべきかがわかる」

    辛坊治郎氏 「六ケ所村を見れば原発をどうすべきかがわかる」

    週刊朝日

    3/23

    核のごみ問題で過疎の町に「最大20億円」財源の魅力 識者「札束で頬を叩くのはやめるべき」

    核のごみ問題で過疎の町に「最大20億円」財源の魅力 識者「札束で頬を叩くのはやめるべき」

    AERA

    10/9

  • 福島原発「最終処理」まで30年のデス・ロード

    福島原発「最終処理」まで30年のデス・ロード

    週刊朝日

    4/13

    池田清彦氏 温暖化の原因はCO2ではなく「太陽活動の強弱」

    池田清彦氏 温暖化の原因はCO2ではなく「太陽活動の強弱」

    週刊朝日

    5/17

  • 広瀬隆「六ヶ所再処理工場、即時閉鎖を急げ」

    広瀬隆「六ヶ所再処理工場、即時閉鎖を急げ」

    週刊朝日

    12/1

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す