7千基のバイオマス発電所も 「脱原発」ドイツの実態

原発

2012/10/12 07:00

 福島原発事故を機に、ドイツ南西部のバーデン・ヴュルテンベルク州で、環境政党の「緑の党」が与党に躍進した。「脱原発」の道を進むドイツの再生可能エネルギー開発の現状をジャーナリストの邨野継雄氏がレポートする。

あわせて読みたい

  • ぐっちー「苦境のメルケル政権 背景に『脱原発』で国民負担増の現実」
    筆者の顔写真

    ぐっちー

    ぐっちー「苦境のメルケル政権 背景に『脱原発』で国民負担増の現実」

    AERA

    12/3

    "原発ゼロの夏"に考える、これからのエネルギー社会

    BOOKSTAND

    7/18

  • 脱原発党宣言 カンカンガクガク対談

    脱原発党宣言 カンカンガクガク対談

    週刊朝日

    2/6

     人口5万人の街でもバイオマス発電が“上手くいく”理由

    人口5万人の街でもバイオマス発電が“上手くいく”理由

    dot.

    10/8

  • 供給不足の木質バイオマス発電 ドイツ、米国に学ぶ解決策

    供給不足の木質バイオマス発電 ドイツ、米国に学ぶ解決策

    週刊朝日

    10/26

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す