今は無職 「陰の総理」前財務省事務次官の今後 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

今は無職 「陰の総理」前財務省事務次官の今後

このエントリーをはてなブックマークに追加

 陰の総理大臣、10年に1人の大物次官――そう呼ばれてきたのが、財務省の悲願である消費増税法成立の立役者とされる勝栄二郎・前事務次官(62)だ。

 反増税派だった野田佳彦首相(55)を“洗脳”して増税に導き、その蜜月ぶりから「直勝内閣」とも呼ばれた。一方、7月には都心にある「億ション」の一室を購入したと写真誌「フライデー」に報じられるなど、公私ともに注目の的。消費増税前にちゃっかり大きな買い物を済ませると、法成立からわずか1週間後の8月17日、あっさりと事務次官を辞職。その後、財務省の顧問に就任した。

「顧問は部屋と車と担当秘書がつく厚遇。天下りも難しいこのご時世、次官を辞めた後1年ほどは顧問になるのが慣例となっています」(情報誌「インサイドライン」の歳川隆雄編集長)

 しかし、“大物”はやはりどこか違うのか、顧問も9月21日付であっさり退任。ということは、陰の総理が今や“無職”。で、いったい何をしているのか。財務省関係者はこうみる。

「相変わらずの『直勝内閣』で忙しいのでは? その証拠が、今度の内閣改造人事です」

 10月1日の内閣改造で首相補佐官5人中4人が交代になったが、うち2人は元財務省のキャリア官僚。これが、勝氏の“進言”だとみられているという。“陰の総理”の威光は、無職でも健在。当然、その後の天下り先も話題になっている。

「口下手で教授タイプではないため、大手シンクタンクが有力です。一説には、大和総研の理事長とも。このポストは現在、日銀総裁が有力視されながら、国会で同意が得られなかった武藤敏郎元財務事務次官が務めているので、その後任では、と言われています」(前出の歳川氏)

週刊朝日 2012年10月19日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい