呼吸器科医師 「甘いものやファストフードをよく食べる人は喘息になりやすい」 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

呼吸器科医師 「甘いものやファストフードをよく食べる人は喘息になりやすい」

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日

 相模原病院では年間約4500人の喘息患者を診るという。国内でも有数の症例数を誇る同院で、中心となって治療に当たる病態総合研究部長の谷口正実医師に今後の喘息治療について聞いた。

*  *  *
 私たちの最近の大規模調査や臨床研究などで、成人喘息の発症や悪化には喫煙だけでなく、肥満や食生活が大きくかかわっていることが明らかになりつつあります。

 まず男性よりも女性、BMI25以上の人、また甘いものやハンバーガーなどのファストフードをよく食べる人にも喘息症状が強く見られます。さらに妊婦さんの肥満は胎児に直接影響し、胎児が将来喘息を発症するリスクが高くなることもわかってきました。

 今後は新薬の開発も進みますが、生活習慣病という側面からの対策も必要だと思われます。

※週刊朝日 2012年8月3日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい