桑田真澄・元投手がいま明かす「日本ではなく米国で手術を受けた理由」

2012/07/13 07:00

 スポーツ選手にけがはつきものだ。生活がかかるプロスポーツ選手だからこそ、大けがをしたとき「名医」探しには必死になる。それは「失敗が許されない」というレベルではなく、再び第一線で活躍できる状態にまで戻れるかどうかの治療が求められる。そのため、まさに選手生命をかけた医師選びになる。

あわせて読みたい

  • みのもんたさん「手術は医師選びから始まる」脊柱管狭窄症の手術に踏み切れた理由

    みのもんたさん「手術は医師選びから始まる」脊柱管狭窄症の手術に踏み切れた理由

    dot.

    10/20

    「治るまでスポーツをするな」としか言わない病院はNG 「スポーツ整形外科」のいい病院とは?

    「治るまでスポーツをするな」としか言わない病院はNG 「スポーツ整形外科」のいい病院とは?

    dot.

    5/16

  • プロスポーツ選手が手術を受けるとき、執刀医はどう選ばれる?「名医」はどんな医師?
    筆者の顔写真

    松本秀男

    プロスポーツ選手が手術を受けるとき、執刀医はどう選ばれる?「名医」はどんな医師?

    dot.

    4/13

    生体肝移植で4人が1カ月以内に死亡 弟子と地元から総スカンの“神の手”

    生体肝移植で4人が1カ月以内に死亡 弟子と地元から総スカンの“神の手”

    週刊朝日

    6/4

  • 「今の巨人にとって必要な人物」桑田真澄の電撃入閣がもたらす“絶大な影響”

    「今の巨人にとって必要な人物」桑田真澄の電撃入閣がもたらす“絶大な影響”

    dot.

    1/15

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す