音楽評論家の湯川れい子さん 母に激怒された「恥ずかしいこと」

2012/05/10 07:00

 音楽評論家として活躍している湯川れい子さんが、戦後間もない中学時代にひかれたのは、アメリカの音楽だったという。夢中になって聴くうち、次第に英語にも興味がわいてきた湯川さんは、英語習得のために母親が激怒するような奇抜な行動をとったそうだ。音楽ライターの和田靜香氏が当時の様子を次のように書く。

あわせて読みたい

  • 音楽評論家・湯川れい子さん 夫の前でエルヴィスにキスをせがんだ過去

    音楽評論家・湯川れい子さん 夫の前でエルヴィスにキスをせがんだ過去

    週刊朝日

    5/24

    音楽評論家・湯川れい子の「肩書」はプレイガールだった

    音楽評論家・湯川れい子の「肩書」はプレイガールだった

    週刊朝日

    5/20

  • 音楽評論家の湯川れい子さん 原始人夫婦役で漫談した過去

    音楽評論家の湯川れい子さん 原始人夫婦役で漫談した過去

    週刊朝日

    5/10

    音楽評論家・湯川れい子さん 「シンディ・ローパーは下町のおかみさん」と語る

    音楽評論家・湯川れい子さん 「シンディ・ローパーは下町のおかみさん」と語る

    週刊朝日

    6/5

  • 音楽評論家の湯川れい子 「マドンナのインタビューは目のやり場に困った」

    音楽評論家の湯川れい子 「マドンナのインタビューは目のやり場に困った」

    週刊朝日

    4/29

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す