森下洋子さんの母 「あの子はバレエにあげちゃった」と話す

2012/03/25 07:00

 3歳でバレエと出会って以来、61年もの間、バレリーナとして踊り続ける森下洋子さん。小学6年生で単身上京し、両親のもとから巣立ったが、その裏側には親からの多大な信頼があったという。森下さんが語る。

あわせて読みたい

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す