親子共演も… 松田聖子「紅白」不評のワケ (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

親子共演も… 松田聖子「紅白」不評のワケ

このエントリーをはてなブックマークに追加
三杉武週刊朝日

 10年ぶりに出演したNHK紅白歌合戦で、娘・神田沙也加(25)とのテレビ初共演が年末の話題を集めた松田聖子(49)。

 だが、年明けに発表された歌手別視聴率(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を見てみると、大トリのSMAPの48・2%に及ばなかったのはまだしも、松任谷由実(57)や人気バンド「いきものがかり」よりも低く、43・4%という微妙な結果に終わった。

 聖子と沙也加は、東京体育館で行われた聖子のカウントダウンライブからの生中継出演だった。ステージで白いドレスに身を包んだ二人は、坂本九の大ヒット曲「上を向いて歩こう」をしっとりと歌い上げると、親子仲睦まじく笑顔で手を握り合い、頬を寄せ合った。

 沙也加は、
「本当にうれしく思っております。母との初デュエットが紅白だなんて、贅沢で光栄です」
 と喜びを爆発させた。

 今回、「上を向いて歩こう」を選んだのは聖子自身だった。その理由について本人は、
「日本を代表する素晴らしい歌ですので、みなさんと一緒に歌えるように……」
 と説明していた。

 だが、レコード会社幹部は首を傾げる。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい