広瀬隆「除染後も続く汚染、今からでも避難を」

原発

2011/12/27 17:09

 前号に続いて、福島県の危険な状態について、述べることにする。さまざまな報道が伝えるように、福島県内で放射能の除染をおこなって、やがて県民が自宅に戻れるかのようなトーンでニュースが日々流れている。しかし、除染すると言っても、福島県内で超危険な汚染地帯2000平方キロメートルのうち、森林面積が6~7割を占めている。こうした森林の事情をくわしく知る福島県内の人は、「森林での放射能除染なんか、絶対にできない。除染すればいつかは帰宅できるかのような幻想を、福島県民に与えるべきではない」と、私に断言している。

あわせて読みたい

  • 広瀬隆「東電が責任放棄、追認する国の狂気」

    広瀬隆「東電が責任放棄、追認する国の狂気」

    週刊朝日

    1/12

    「肝心なところ書かれていない」除染ガイドライン

    「肝心なところ書かれていない」除染ガイドライン

    AERA

    2/12

  • 「半殺しにされている」除染4割なのに次々と避難指示を解除する国

    「半殺しにされている」除染4割なのに次々と避難指示を解除する国

    週刊朝日

    3/10

    政府が福島県民に教えない本当の除染基準

    政府が福島県民に教えない本当の除染基準

    週刊朝日

    1/17

  • 忘れられた福島・双葉町 中間貯蔵施設ルポ

    忘れられた福島・双葉町 中間貯蔵施設ルポ

    週刊朝日

    5/3

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す