寝台特急「北斗星」のパーツ活用の新ホステル 東京・日本橋馬喰町に2016年12月オープン 〈トラベルボイス〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

寝台特急「北斗星」のパーツ活用の新ホステル 東京・日本橋馬喰町に2016年12月オープン

このエントリーをはてなブックマークに追加
寝台特急「北斗星」 JR東日本報道資料より

寝台特急「北斗星」 JR東日本報道資料より

ホステル内部俯瞰 ※イメージ  JR東日本報道資料より

ホステル内部俯瞰 ※イメージ  JR東日本報道資料より

利用する実車パーツ(2段ベッド) JR東日本報道資料より

利用する実車パーツ(2段ベッド) JR東日本報道資料より

ホテル計画位置図 JR東日本報道資料より

ホテル計画位置図 JR東日本報道資料より

 JR東日本グループが、寝台特急「北斗星」(写真)の実車パーツを内装に再利用したホステル「Train Hostel 北斗星」を開設する。外国人旅行者に対し、低価格で長期宿泊が可能な施設の需要に応えるもの。同時に、これらの施設を交流拠点として、東北をはじめ東日本エリアの情報発信も積極化していく。他にも女性専用カプセルホテル「神田カプセルホテル(仮称)」も新たにオープンする計画としている。

「Train Hostel 北斗星」の開設場所は東京・日本橋馬喰町。オープンは2016年12月を予定する。価格帯は1泊2500円から4000円に設定し、館内では寝台特急「北斗星」の2段ベッドや個室寝台のパーツを採用した宿泊空間づくりをおこなう。ベッド数は78となる見通し。全スタッフが英語での案内に対応するほか、予約サイトも英語対応。ウェブサイトは英語、韓国語、中国語で提供する。施設内での無料Wi-Fi設備や大型スーツケース置き場も設置する。

 女性専用カプセルホテル「神田カプセルホテル(仮称)」は東京・千代田区で2017年7月のオープンを目指す。中心価格帯は5000円程度とする計画だ。


トップにもどる トラベルボイス記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい