外国人旅行者向け路線検索アプリ、ルート検索の首位は「新宿~渋谷」、2位「東京~新宿」、3位「東京~京都」 ― ナビタイム 〈トラベルボイス〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

外国人旅行者向け路線検索アプリ、ルート検索の首位は「新宿~渋谷」、2位「東京~新宿」、3位「東京~京都」 ― ナビタイム

このエントリーをはてなブックマークに追加
資料:ナビタイムプレスリリースより

資料:ナビタイムプレスリリースより

 ナビタイムジャパンが2013年10月2日に開始した訪日旅行者向けスマートフォンアプリ「NAVITAME for Japan Travel」のダウンロード数が、約9か月で10万ダウンロードを超えた。

 アプリは日本国内の観光スポットの検索、路線図乗換検索など、様々な交通手段を組み合わせたトータルナビゲーションと、無料WiFiスポットの検索を英語で提供するもの。ダウンロードされた国・地域別をみると、台湾、タイ、日本、米国、香港ので、日本に来る前にダウンロードする傾向にある。6月のユニークユーザー数は約3万人、1日あたり約2500人が利用しており、ナビタイムジャパンでは訪日旅行者数の増加に比例して伸びているという。

 また、6月のルート検索ランキングでは、1位が「新宿~渋谷」、2位が「東京~新宿」、3位が「東京~京都」。駅検索では1位「新宿」に次いで「東京」「渋谷」「上野」「成田」と、関東の都市が上位を占めた。ナビタイムジャパンでは特に、宿泊施設や商業施設の多い新宿が拠点になっていることが推測できるとしている。


トップにもどる トラベルボイス記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい