18日 大気の状態不安定解消も 西から天気下り坂 夜は東日本も雨 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

18日 大気の状態不安定解消も 西から天気下り坂 夜は東日本も雨

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


あす18日は、西日本では、早い所では昼前から雨が降りだし、次第に雨のエリアは東に広がりそうです。きょうまでのように局地的に短い時間降るのではなく、広い地域で、長い時間雨が降るため、しっかりとした傘が必要です。

18日 西日本から雨のエリア広がる

あす(18日)は、梅雨前線が沖縄付近に停滞します。本州付近は上空の寒気は抜けて、大気の不安定な状態は解消しますが、気圧の谷が近づき、西日本から雨が降る予想です。南から雨のもととなる暖かく湿った空気が流れ込むため、きょう(17日)までのように局地的に、短時間のうちに雨が降るのではなく、広い範囲で、長い時間降りそうです。

雨は、九州では午前中から降りだすでしょう。中国・四国地方は昼ごろから、近畿は夕方から雨となりそうです。南風と西風がぶつかりやすい九州北部や山陰などでは、雨脚の強まることもありそうです。

雨のエリアは夜には東日本へ広がり、東海や北陸も雨が降るでしょう。関東も夜遅い時間になると北部で雨が降りだしそうです。

一方、東北や北海道は、あすは天気の崩れはない見込みです。

曇りや雨でも熱中症に注意を

あすは、西日本や東日本では曇りや雨で、日差しはほとんどありませんが、湿度が高く、熱中症には注意が必要です。大阪や福岡、鹿児島などでは「警戒」が必要なレベルです。

湿度が高いと、身体から熱を放出しづらくなり、熱中症の危険が高まります。こまめに水分や休憩をとり、部屋の中でも暑さを我慢せずに、適切に冷房を利用するなど、熱中症にならないよう対策をしてお過ごしください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい