あさって27日 前線の活動 活発化 九州から関東で雨脚強まる 滝のような雨の所も 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

あさって27日 前線の活動 活発化 九州から関東で雨脚強まる 滝のような雨の所も

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B


あす26日の夜は、前線に伴う雨雲が西からゆっくり近づく。27日は全国的に雨となり、九州から関東にかけて雨脚が強まる。局地的には滝のような降り方になるおそれも。沿岸部を中心に風も強まり、荒れた天気に。

前線や低気圧 西からゆっくり近づく

あす26日(水)の日中は、高気圧に覆われ、九州から北海道にかけて、多くの所で晴れるでしょう。一方、沖縄は梅雨空です。夜になると、梅雨前線が沖縄付近からゆっくりと北上し、この前線上に低気圧が発生。九州や四国では、雨の降り出す所があるでしょう。

27日(木)は、前線や低気圧に向かって南から暖かく湿った空気が続々と流れ込み、広い範囲で雨雲が発達しそうです。

27日 九州から関東で雨雲発達 沿岸部は強い風にも注意

27日(木)は、九州から北海道にかけて、雨の範囲が次第に移るでしょう。

雨の降る時間帯は、現時点の予想では、九州や中国・四国は午前中、近畿や東海は朝から昼過ぎ、関東と北陸は昼頃から夕方、東北南部は昼頃から夜、東北北部や北海道は夜から翌28日の午前中となりそうです。

特に、九州から東海、関東にかけては、雨脚が強まるでしょう。ピークの時間は2~3時間くらいと、それほど長くないものの、所々で激しい雨が降りそうです。前線の活動の度合い等によっては、局地的に滝のような非常に激しい雨が降るでしょう。道路が一気に冠水するなど、交通に影響が出る可能性もあります。小さな河川や用水路は、急に水位が上昇する危険性がありますので、むやみに近づないようにしてください。また、沿岸部を中心に風も強まり、傘が差せないほどの所もあるでしょう。

なお、tenki.jpの2週間天気によりますと、その先、今月末にかけては前線が離れて晴れる所が多くなるでしょう。関東甲信や北陸、東北は、27日に発表がなければ、梅雨入りは6月になってからとなりそうです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい