気温差大きく 木曜日と金曜日は3月並みに 土曜日から広く冷たい雨か 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

気温差大きく 木曜日と金曜日は3月並みに 土曜日から広く冷たい雨か

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像D

画像D


この先、気温の変化が大きいでしょう。21日(木)と22日(金)は、曇りや雨でも、最高気温は3月並みになる所がある見込みです。23日(土)から24日(日)は広く冷たい雨が降るでしょう。

20日(水)は二十四節気の「大寒(だいかん)」 広く強い冷え込みに

20日は、二十四節気の大寒です。年間で最も寒い時期で、この頃から立春の頃までに、多くの所で、平年の最低気温も、年間で最も低くなります。

20日(水)は、大陸から高気圧が、本州付近まで移動する見込みです。北海道から北陸では、西よりの風が強めに吹き、日本海からの雪雲の流れ込みが続く所が多いでしょう。特に山沿いで雪が強まることがある見込みです。関東から九州では、風は収まり、大体晴れるでしょう。

朝は、冷え込みが強まります。最低気温は、平年より低い所が多いでしょう。最高気温も、北海道から中国地方、四国では平年より低い見込みです。関東など日差しが届く地域でも10℃に届かない所が多いでしょう。一方、九州では10℃以上になる所が多く、3月上旬並みの所もある予想です。

21日(木)~22日(金) 曇りや雨でも最高気温は3月並みも

21日(木)は、気圧の谷や湿った空気の影響で、雲が広がる所があり、22日(金)は曇りや雨の所が多い見込みです。寒気は北へ退き、日本付近は、この時期としては暖かい空気に覆われます。このため、北海道では雪になりますが、東北や北陸では、山沿いでも雪になるのは、一時的でしょう。

21日(木)と22日(金)の最高気温は、平年より高くなる見込みです。曇りや雨で暖かさを感じられるとまではいえなくても、22日(金)は3月下旬並みになる所もある予想です。

23日(土)~24日(日)九州~東北 広く雨や雪 関東でも雪になる?

23日(土)も、気圧の谷の影響で、九州から関東を中心に雨雲がかかるでしょう。22日(金)の雨との違いは、広く冷たい北または東よりの風が吹くことです。まだ予報には、幅がありますが、関東付近に寒気を引き込むことが考えられます。甲信や関東の山沿いは雪が降り、夜は関東の平野部でもみぞれや雪になる可能性があります。最新の気象情報をご確認下さい。

24日(日)は、東北でも広く湿った雪や雨が降る見込みです。最高気温は、関東や東北南部で、平年並みか低くなる所がある予想です。

関東など太平洋側 久しぶりの雨らしい雨に

さて、18日までの20日間の降水量は、九州や本州の太平洋側で平年より少なくなっています。もともと太平洋側の地域では、降水が少ない時期ではありますが、関東では内陸を中心に平年の20パーセント以下の所が多く、0.0ミリという所もあります。

23日(土)から24日(日)にかけての雨は、1日以上降る所が多く、久しぶりの雨らしい雨になりそうです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい