九州 11日、梅雨前線活発 夕方まで局地的に激しい雨 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

九州 11日、梅雨前線活発 夕方まで局地的に激しい雨

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


きょう11日(木)は、梅雨前線が対馬海峡付近で活発になり、九州は朝から激しい雨が降っている所があります。活発な雨雲は南下傾向で、九州北部は昼過ぎまで、九州南部は夕方まで局地的に非常に激しい雨や激しい雨が降り、大雨となるでしょう。雨の降り方に注意・警戒して下さい。

活発な雨雲はゆっくりと南下

対馬海峡付近にある前線上には低気圧が発生し、前線の活動が活発になっています。前線に向かって高温多湿な空気が入り、九州付近は次々と発達した雨雲が流れ込んでいます。

きょうこれまでに観測された1時間雨量は、鹿児島県紫尾山で50.0ミリ、鹿児島県阿久根市45.5ミリ、熊本県天草市牛深41.5ミリ、長崎県長崎市36.5ミリなど、九州の所々で非常に激しい雨や激しい雨となっています。

活発な雨雲はこの後、ゆっくりと南下傾向です。

九州北部は昼過ぎまで、九州南部は夕方まで雷を伴い局地的に激しい雨や非常に激しい雨が降るおそれがあります。

あす12日(金)明け方までに予想される雨量は、九州北部の多い所で250ミリ、九州南部の多い所は200ミリと大雨になるでしょう。

土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に注意・警戒して下さい。

梅雨空続く

あす12(金)以降も、梅雨前線は九州付近を南北に動き、曇りや雨の梅雨空が続く見込みです。特に、14日(日)頃、来週17日(水)から18日(木)は前線の活動が活発になり、雨量が多くなるおそれがあります。

この先も雨の降り方に油断できません。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい