週間 土曜~日曜は荒天・大雨の恐れ 寒の戻りは? 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

週間 土曜~日曜は荒天・大雨の恐れ 寒の戻りは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


18日(土)から19日(日)は、東海や関東、東北の太平洋側を中心に荒れた天気となり、大雨の恐れがあります。この先は、春本番の陽気になる日は少ないでしょう。

17日(金) 九州では夜は激しい雨 東海から関東も次第に雨に

17日(金)は、大陸から九州付近に前線が延びる見込みです。九州では昼前から次第に雨が降りだし、四国や中国地方、近畿も、夕方以降は雨が降るでしょう。夜は、九州でカミナリが鳴り雨が激しく降る所がある見込みです。

高気圧は、日本の東へ中心を移します。東海付近は、高気圧の周辺部となり、東風と南風がぶつかる所で、雨雲が発生するでしょう。東海では、早い所は昼過ぎから雨が降り出し、雨の範囲は、夜遅くには関東や北陸まで広がる見込みです。

18日(土)~19日(日) 荒れた天気 大雨の恐れも

18日(土)は、日本海を低気圧が東へ進むでしょう。低気圧に向かって南から暖かく湿った空気が流れ込み、大気の状態が不安定になります。発達した雲が、四国や中国地方に未明から明け方にかけて、近畿から関東に朝から夕方にかけてかかるでしょう。東北には夕方以降、翌日の19日(日)にかけて、太平洋側を中心にかかる見込みです。発達した雲がかかると、急にカミナリを伴って、雨脚が強まります。突風が吹くこともあるでしょう。

18日(土)から19日(日)にかけて、東海や関東、東北の太平洋側を中心に荒れた天気になる所があり、低気圧の発達の程度などによっては大雨になる恐れがあります。

先日のような真冬の寒さになる?

今月12日(日)から13日(月)は広く荒れた天気になり、真冬のような寒さになりました。この時と今回の違う点は、低気圧が本州の太平洋沿岸ではなく、日本海を通ることです。このため、雨が降るときは、広く南よりの風が吹くでしょう。低気圧の通過したあとは、風は北よりに変わりますが、強い寒気が流れ込むことはない見込みです。最高気温は、平年より低くなる所が多いものの、先日のような真冬の寒さはないでしょう。

来週中ごろ寒の戻り 寒さどれくらいぶり返す?

20日(月)以降も、日本付近を低気圧が次々に通過する見込みです。雲が広がる日が多く、雨が降る日もあるでしょう。

22日(水)から日本付近に次第に寒気が流れ込む見込みです。強い寒の戻りとはならないものの、23日(木)は、関東でも北部の山で雪になるほどの寒気が流れ込む予想です。

この先、春本番の陽気になる日は少ないでしょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい