北日本 記録的な大雪や暴風 ピーク過ぎても注意 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

北日本 記録的な大雪や暴風 ピーク過ぎても注意

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


北海道や東北は6日朝まで大荒れ。北海道の所々で24時間降雪量が「昨冬までの1位の値以上」となり、福島県伊達市は観測史上1位の最大瞬間風速を観測しました。

北海道は 記録的な大雪

低気圧が急速に発達しながら、北海道の東へ進んだ影響で、北海道や東北は、6日朝にかけて、太平洋側を中心に雪や風が強まり、大荒れの天気となりました。

24時間降雪量は、以下の通りです。北海道えりも町目黒は77センチ(6日午前1時まで)と、昨冬までの1位以上タイ。広尾町は74センチ(6日午前1時まで)、白糠町は64センチ(6日午前1時まで)、別海町は54センチ(6日午前2時まで)と、いずれも昨冬までの1位以上でした。

雪のピークは越えましたが、積雪が急に増えた所では、雪崩が発生しやすくなっています。屋根から落ちる雪にも注意が必要です。また、道路に積もった雪で、道幅が狭くなったり、路面が凍結したりする恐れがあります。車の運転は、いつも以上に慎重にして下さい。

東北は 記録的な暴風

一方、東北でも風が強まりました。福島県伊達市は、6日午前3時14分に最大瞬間風速30.2m/sを観測し、観測史上1位となりました。(伊達市の統計開始は2009年です。)伊達市にお住まいの方によりますと、夜も眠れないほどの風が吹いたということです。

風のピークも過ぎましたが、6日11時現在、北海道や東北には、まだ広い範囲に「強風注意報」が発表されています。引き続き、強い風には十分お気をつけ下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい