今週天気 周期的に広い範囲で雨や雪 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

今週天気 周期的に広い範囲で雨や雪

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


天気は周期的に変わる。7日(火)から8日(水)にかけて、広い範囲で雨。山沿いでは雪になることも。気温の変化にも注意。

次第に天気は下り坂

仕事はじめの6日(月)は、日本付近は冬型の気圧配置が緩み、高気圧に覆われるでしょう。全国的に穏やかに晴れますが、朝は放射冷却が強まり、関東では氷がはるくらいの気温になりそうです。近畿では今季一番の冷え込みになる所が多いでしょう。早くからお出かけの方は、万全な寒さ対策が必要です。ただ、西から天気がゆっくりと下り坂でしょう。7日(火)は、前線を伴った低気圧が日本海を進む見込みです。九州から近畿は、朝から雨雲に覆われるでしょう。東海、北陸、関東も、昼頃になると雨雲に覆われ、山沿いははじめ雪になる所もありそうです。8日(水)にかけて、低気圧が発達しながら本州付近を通過するため、九州から東北の広い範囲で雨や雪が降るでしょう。東海や関東では荒れた天気となり、昼頃に雨風のピークとなりそうです。前線や低気圧に向かって暖かい空気が流れ込み、九州から東海にかけて気温が上がるでしょう。最高気温は、鹿児島は7日に20度、高知は8日に18度など、3月上旬から4月上旬並みになる所もある予想です。

12日も広い範囲で雨や雪

9日(木)は、日本付近は再び冬型の気圧配置となり、北陸から北の日本海側では雪になりますが、太平洋側は天気は回復する見込みです。全国的に寒さが戻り、寒暖差が大きくなりますので、体調管理には十分ご注意下さい。10日(金)と11日(土)は、日本付近は高気圧に覆われて、全国的に晴れますが、12日(日)は、前線や低気圧が再び日本付近に通過するため、広い範囲で雨や雪になるでしょう。天気は2、3日周期で変わる見込みです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい