台風24号 北海道も大荒れに 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

台風24号 北海道も大荒れに

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B


非常に強い台風24号は、30日午前9時現在、種子島付近を北東に時速45キロの速度で進んでいます。
台風24号は強い勢力を保ったまま、明日(1日)朝には北海道の南海上に進む見込みで、進路次第では上陸の恐れもあります。
北海道でも大雨、大荒れの天気となるため、警戒が必要です。

暴風高波に警戒

非常に強い台風24号は、30日午前9時現在、種子島付近を北東に時速45キロの速度で進んでいます。この後、さらに速度を上げながら北東に進み、明日(1日)朝に北海道の南海上を進む見込みです。
北海道付近に到達する頃には、現在に比べれば勢力は落ちる予想ですが、強い勢力は維持した状態で接近し、北よりの進路を取れば北海道に上陸の恐れもあります。そのため、東部を中心に台風周辺の暴風系海域に入る恐れがあり、暴風や高波に警戒が必要です。
予想される最大瞬間風速は、釧路地方では陸上でも35メートル、根室や十勝、日高地方でも海上では35メートルとなっており、暴風に警戒が必要になります。
また、日高から根室にかけての太平洋側では最大6メートルの大しけが予想され、高波にも警戒が必要です。

全道各地で大雨のおそれ

台風24号やその北にある前線の接近に伴い、各地で雨も強まりそうです。
明日(1日)午前6時までの24時間に降る雨の量は、いずれも多い所で日高地方で100ミリ、十勝地方で80ミリが予想され、その他の地域でも多い所で50ミリ前後の雨が降る見込みです。
さらに明日の午前6時以降には台風接近に伴って雨のピークを迎え、明後日(2日)午前6時までの24時間では、道内の広い範囲で50ミリから100ミリの雨が予想されています。
そのため、台風や前線による総雨量は100ミリから150ミリの地域が多く、最大で200ミリ前後に達する恐れもあります。各地で大雨による災害に十分な注意が必要になります。
台風24号は北海道に近づく頃にはかなりスピードが速い予想で、雨や風が急激に強まる、天気の急激な変化が予想されます。そのため、その時点での外の様子だけで判断して外出することは非常に危険です。必ず出かける前には最新の気象情報を確認するようにして下さい。

出来る限りの備えを

今月上旬に北海道付近を通過した台風21号によって、道内でも倒木や停電などの被害が発生しましたが、今回の台風24号もそれと同様の被害をもたらす恐れがあります。
懐中電灯などをすぐに使えるように傍に置いておくことはもちろん、マンションなどでは停電で水が使えなくなる恐れがあるため、寝る前に浴槽に水をためておくことも必要です。
北海道内では、平成30年北海道胆振東部地震によってがけ崩れを起こしている地域を中心に地盤が緩んでおり、普段より少ない雨でも災害発生の恐れがあります。また、前回の台風によって倒れた木が残っているような地域でも災害発生の危険度が普段より高まっています。予想される雨の量だけで判断をせず、危険や不安を感じたら身の安全の確保を第一に考えて行動するようにして下さい。
台風24号は北海道に近づく頃にはかなりスピードが速く、雨や風が急激に強まる、天気の急激な変化が予想されます。そのため、その時点での外の様子だけで判断して外出することは非常に危険です。必ず出かける前には最新の気象情報を確認することが必要です。
(上記内容は、30日午前10時時点で発表されている情報です。台風の進路によっては北海道への影響の大きさも変わるため、最新情報を確認して下さい。)


トップにもどる お天気ニュース記事一覧



おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい