近畿 金曜日は晴れて真夏日の所も 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

近畿 金曜日は晴れて真夏日の所も

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


近畿地方では、22日(金)は梅雨の晴れ間が広がり、真夏日になる所もあるでしょう。23日(土)は再び梅雨空が戻り、近畿南部を中心に大雨の恐れがあります。紀伊山地周辺では、20日にかけての大雨で地盤が緩んでいる所があるため、土砂災害に注意が必要です。

梅雨の晴れ間が広がり、暑くなる

22日は梅雨前線が日本の南海上へ離れ、近畿地方は高気圧に覆われる見込みです。このため、全般に多少雲が出る程度で晴れるでしょう。日中は強い日差しが降り注ぎ、内陸部を中心に30度を超える真夏日になる所がある見込みです。屋外で作業をされる際には、こまめに水分を補給するなど、熱中症に注意をしてください。

週末は梅雨空に戻り、再び大雨の恐れ

23日は梅雨前線が西から次第に北上し、前線の活動が活発になるでしょう。近畿地方では朝から雨が降りだし、午後は本降りの雨となる見込みです。南部を中心に雨量が多くなり、大雨となる恐れがあります。紀伊山地周辺では、20日にかけての大雨で地盤の緩んでいる所がありますので、土砂災害に注意が必要です。また、18日に発生した地震で揺れの大きかった地域では、少しの雨でも土砂災害が発生する恐れがあるため、注意が必要です。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい