残暑厳しく秋深まり遅い 3か月予報 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

残暑厳しく秋深まり遅い 3か月予報

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

北日本を中心にすっきりしなかった夏がまもなく終わり、いよいよ季節は秋へ。最新の3か月予報の資料をもとに9月から11月の天候をまとめました。

9月 台風シーズン 残暑厳しく

北日本や東日本、西日本の日本海側では天気は数日の周期で変わるでしょう。西日本太平洋側では、平年と同様に秋晴れの日が多くなりそうです。沖縄や奄美では、南から湿った空気が流れ込みやすく、平年に比べて晴れの日が少ないでしょう。全国的に気温は平年より高い所が多く、残暑は厳しくなるでしょう。最高気温が30度を超える所もありそうです。熱中症にもしばらく警戒が必要でしょう。また台風シーズンと秋雨のシーズンはこれから。過去に、日本に大きな災害をもたらした台風は9月に日本付近を通ることが多くなっています。台風にも警戒が必要な時期ですので、台風の情報もこまめにチェックしてください。

10月 秋晴れ多くなる

全国的に天気は数日の周期で変わるでしょう。東日本や西日本では移動性高気圧に覆われやすく、平年に比べて晴れの日が多いでしょう。北日本の太平洋側と沖縄・奄美では平年と同様に晴れの日が多くなりそうです。全国的に気温も平年並みか高く、過ごしやすい日が多いでしょう。秋のイベントも多いこの時期、屋外のレジャーも秋晴れのもとで楽しめそうです。ただ、朝晩は冷える日も多くなるでしょう。季節の変わり目で体調も崩しやすい時期ですので、体調管理にはご注意ください。

11月 秋深まる

北日本の日本海側では平年と同じく、曇りや雨または雪の日が多くなりそうです。東北地方でも次第に初雪の便りが届くでしょう。北陸などでも曇りや雨の日が多くなりそうです。北日本の太平洋側では、平年と同様に晴れの日が多くなるでしょう。西日本の日本海側や東日本と西日本の太平洋側では移動性高気圧に覆われやすくなる見込みです。行楽日和、小春日和の日も多くなるでしょう。沖縄や奄美では、後半は曇りや雨の日が多くなりそうです。気温は全国的にほぼ平年並みで、各地の紅葉も次第に進み、秋がより一層深まっていくでしょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい