西日本の高温と少雨に関する気象情報 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

西日本の高温と少雨に関する気象情報

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

西日本では梅雨明け以降、降水量が少なく、気温の高い状態が続いています。この状態はこの先も10日間程度は続く見込みです。西日本では7月18日頃の梅雨明け以降、局地的に大雨となることはありましたが、高気圧に覆われて晴れた日が多く、降水量が少ない状態が続いています。
7月18日から8月18日までの降水量は
地点     降水量     平年比
松江     34.5ミリ     25%
広島     45.0ミリ     30%
高松      9.0ミリ      9%
高知     26.0ミリ      8%
福岡     43.0ミリ     23%
長崎      7.5ミリ      3%
鹿児島    31.0ミリ     13%
多くの地点でこの期間の平年の半分も雨が降っていません。
また、8月上旬頃からは気温の高い状態も続いています。
7月18日から8月18日までの平均気温は
地点     平均気温     平年差
高松      29.4度      +1.3度
福岡      29.6度      +1.4度
鹿児島     29.7度      +1.0度
各地で厳しい暑さが続いています。

この先10日間の天気

この先10日間程度は湿った空気の影響で雨の降る所もありますが、高気圧に覆われて晴れる日が多い見込みです。このため、これまでの少雨が解消される可能性は低く、少雨の状態が続く見込みです。農作物や水の管理にご注意ください。
また、気温の高い状態が続き、猛暑日となる所もある見込みです。
こまめに水分や休憩をとり、屋内では適切にエアコンを使うなど、引き続き熱中症にご注意ください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい