札幌の手稲山で初冠雪

tenki.jp
札幌管区気象台は13日、手稲山の初冠雪を観測しました。平年より3日早く、昨年より15日早い観測です。札幌管区気象台は13日、手稲山の初冠雪を観測しました。
平年より3日早く、昨年よりも15日早い観測です。
「初冠雪」とは、山の中腹から山頂で雪が積もり、ふもとの気象台や観測所から初めて見えた時を言います。
北海道の上空1500メートル付近には11月並みの寒気が流れ込んでいます。
明日にかけて平地でも雪の降る所があり、峠や山間部を中心に積雪となる所もある見込みです。
路面状況の変化にご注意下さい。
この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック