秋の行楽は、静岡県「奥大井」へ!〈レジャー特集・2017〉

2017/10/16 16:30

秋の行楽シーズンまっただなかですが、みなさんどこかにお出かけしましたか? 本日は、秋の行楽地にぜひオススメしたい、静岡県「奥大井」をご紹介します。21世紀に残したい日本の自然100選に選ばれた「寸又峡」をはじめ、見どころ満載の「奥大井」。関東からほど近いのに秘境と言われる絶景が楽しめる点も魅力です。そして秋の魅力はなんといっても、例年10月下旬から12月にかけて見頃を迎える紅葉でしょう! 電車に揺られてゆっくりと、非日常の景観を満喫できる「奥大井」を楽しんでみては! お出かけの際は、「お出かけスポット天気」と「大井川鐵道の時刻表」のチェックをお忘れなく!

「奥大井レインボーブリッジ」は、東京・台場のレインボーブリッジより先に開通!
「奥大井レインボーブリッジ」は、東京・台場のレインボーブリッジより先に開通!
寸又峡 夢の吊橋(榛原郡川根本町) 奥大井に行くなら行かなきゃ損!の「寸又峡」(すまたきょう)を代表する大人気スポット「夢の吊橋」。「死ぬまでに一度は渡りたい世界の徒歩吊り橋10」にも選ばれた話題の絶景スポットです。高さ8メートル、長さ90メートルの眼下には、底が見えるほど透き通った美しいコバルトブルーの湖面が広がり、絶景とスリルの両方を楽しめます。なぜこんなに水の色が青いのか? それは「チンダル現象」といい、とてもきれいな水にわずかな微粒子が溶け込むことにより、水中では波長の長い赤い光は吸収され、吸収されにくい波長の短い青い光は深くまで届くためと言われています。光の加減によってはエメラルドグリーンにも見えるそう。神秘的ですね。 橋を一度に渡れる定員は10名までとなっており、紅葉の時季は特に混雑が予想されますので、比較的人が少ない早朝がオススメ。歩きやすい靴でお出かけくださいね。 寸又峡 夢の吊橋 ■アクセス:大井川鐵道「千頭駅」から、大井川鐵道バス「寸又峡温泉行き」で約40分、終点「寸又峡温泉駅」下車。夢の吊橋までは、徒歩約30分 ※詳しくは公式HPをご確認ください
青い湖面に浮かぶ橋の姿が神秘的な「夢の吊橋」
青い湖面に浮かぶ橋の姿が神秘的な「夢の吊橋」
奥大井湖上駅(榛原郡川根本町) 大井川鐵道のSLやトロッコ列車の人気から、一躍全国的に駅の名が知られるようになった「奥大井湖上駅」。小さな無人駅で、湖の上にポツンと浮かんでいるように見える様が幻想的と人気です。長島ダムの建設に伴い誕生した接岨湖(せっそこ)の左岸につき出た半島状の場所にあり、その立地とエメラルドグリーンの湖、赤い鉄橋が絶景のロケーションを誇ります。鉄橋のすぐ脇には歩道があり、線路沿いを歩いて約15分のところには撮影ポイントもありますので、ぜひ駅に降り立って周辺を散策してみてくださいね! 「奥大井湖上駅」までは、南アルプスあぷとライン(井川線)で「千頭駅」を出発して約1時間の電車旅。四季を問わず絶景は見られますが、特に紅葉シーズンの美しさは感動すること間違いなし! 奥大井湖上駅 お出かけの際は、事前にレイクコテージ奥大井の天気をチェック! ■アクセス:大井川鐵道「金谷駅」から終点「千頭駅」まで約70分。南アルプスあぷとライン(井川線)に乗り換えて約60分(「千頭駅」までSLに乗るには、「金谷駅」の次「新金谷駅」から乗車してください。事前予約制) ※詳しくは公式HPをご確認ください
抜群のロケーションが魅力の秘境駅
抜群のロケーションが魅力の秘境駅
長島ダム(榛原郡川根本町) 一級河川大井川水系大井川の上流に建設された多目的ダムで、高さ109メートル、長さ308メートルの重力式コンクリートダムです。長島ダムの役割は「災害から生活を守る」「豊かな河川環境を守る」「かんがい用水を貯める」「水道用水を貯める」「工業用水を貯める」こと。なかでも重要なのが、大雨が降った時の「洪水調節」。町を守るためになくてはならないダムとなっています。長島ダムは地域に開かれたダムとして、平日と毎月一度の日曜日に「長島ダム見学」を実施しています。普段は立ち入ることができないダムの内部を見学してみませんか?(事前予約制)。ダムを見学する前に、時間があれば「長島ダムふれあい館」を訪れてダムについて予習をしてから行くと、ますますダム見学が楽しくなりますよ! 長島ダム ■アクセス:南アルプスあぷとライン「千頭駅」から約50分「長島ダム駅」下車 ※「長島ダム見学」等の詳細は公式HPをご確認ください
美しいデザインも特徴のひとつの「長島ダム」
美しいデザインも特徴のひとつの「長島ダム」
個性豊かな「寸又峡」「接岨峡」「白沢」「千頭」温泉もチェック! さらに見逃せないポイントが、奥大井が擁する4つの個性豊かな温泉でしょう。 ゆっくり1泊して奥大井を観光するのもいいですし、なかには日帰り温泉施設もありますので、レジャー計画に合わせて、立ち寄りやすい温泉地を選んでみてはいかがでしょうか。 奥大井の温泉 ●昔ながらの風情が魅力! 寸又峡温泉 ●炭酸系若返りの湯が魅力! 接岨峡温泉 ●キャンパーオススメの名湯! 白沢温泉 ●SLに乗って行けるのが魅力! 千頭温泉 静岡県「奥大井」への行楽を計画される際には、「寸又峡温泉」「接岨峡温泉」「白沢温泉」「千頭温泉」に関する様々な情報を発信している「川根本町まちづくり観光協会」の公式HPをご確認のうえ、ほっこり湯ったりの“旅プラン”を立ててみてくださいね。 ── tenki.jpでは、静岡県のお出かけスポット天気とスポット情報を発信中。もちろん、全国各地の天候とスポット情報も確認できますので、チェックをお忘れなく!
※画像はイメージ
※画像はイメージ

あわせて読みたい

  • 冬は温泉!東海のおすすめ温泉スポット〈レジャー特集|2018〉

    冬は温泉!東海のおすすめ温泉スポット〈レジャー特集|2018〉

    tenki.jp

    2/25

    都心からも身近な“山岳紅葉路線” 普通列車で晩秋探訪

    都心からも身近な“山岳紅葉路線” 普通列車で晩秋探訪

    dot.

    11/18

  • 43日間の限定運行! SLとはひと味違う大井川鐵道の昭和レトロ鉄道とは

    43日間の限定運行! SLとはひと味違う大井川鐵道の昭和レトロ鉄道とは

    dot.

    9/25

    まるで絵本の世界…懐かしくて新しい、SLを体験してみよう!

    まるで絵本の世界…懐かしくて新しい、SLを体験してみよう!

    週刊朝日

    8/12

  • トーマス号に懐かしの汽車ぽっぽ…「今風SL」の魅力

    トーマス号に懐かしの汽車ぽっぽ…「今風SL」の魅力

    週刊朝日

    8/12

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す