北海道・和寒町の “カボチャの種” は、ポリポリ食べられる、はじめての国産 「ストライプペポ」 !! 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

北海道・和寒町の “カボチャの種” は、ポリポリ食べられる、はじめての国産 「ストライプペポ」 !!

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
色も形もユニークなペポカボチャ。ハロウィーンではランタンとして活躍!!

色も形もユニークなペポカボチャ。ハロウィーンではランタンとして活躍!!

シマシマが特徴的なストライプカボチャ。

シマシマが特徴的なストライプカボチャ。

カボチャの種というと、鳥やハムスターのエサ、お菓子のトッピングなどで目にすることがあります。カボチャの種は本来は、栄養的にビタミンやミネラルが多い優良食品なのですが、厚くて硬い殻があるため、殻をむく作業に時間とコストがかかるので低価格に結びつかず、日本で流通しているほとんどが中国産です。そこで最近開発されたのが、殻をむかずに種が食べられるカボチャ、「ストライプペポ」です。北海道・和寒町(わっさむちょう)を中心に発売されたのをきっかけに、テレビやマスコミでも数多く取り上げられ、話題になっています。

色や形がユニークな “ペポカボチャ”。ハロウィーンでも活躍 !!

カボチャは大きく分けて、日本カボチャ、西洋カボチャ、ペポカボチャに分けられます。現在、日本で流通しているカボチャのほとんどが西洋カボチャです。形は緑で丸く、味は甘みが強くてホクホクの、おなじみのカボチャです。
一方、ペポカボチャは、色や形がユニークで、色は黄色や赤やシマシマ、形は細長かったり、しずく型だったり、トゲトゲがあったりと、実にさまざまです。ズッキーニやそうめんカボチャも、ペポカボチャの仲間です。「おもちゃカボチャ」とも呼ばれていて、日本ではあまじなじみがありませんが、世界的にみれば、食用、鑑賞用ともに一般的で、10月末のハロウィーンでは大活躍します。
和寒町で開発された「ストライプペポ」は、このペポカボチャの仲間です。

種を食べるためのカボチャ、「ストライプペポ」。国産の増産に期待。

北海道の和寒町は、カボチャの作付け面積、収穫量ともに日本一です。このカボチャの町で、種を食べるためのカボチャが誕生しました。その名も「ストライプペポ」。皮にシマシマ(ストライプ)があるペポカボチャなので、この名がつけられました。
「ストライプペポ」の種にはなんと、やっかいな厚い殻がありません。殻をむくという手間をかけずに、そのまま食べることができます。また、種の大きさが普通のカボチャよりも大きめなので、お菓子のトッピングだけでなく、そのままナッツのように食べるのにも向いています。
「ストライプペポ」は、一般的な種用のカボチャに比べ、面積あたりの種の生産量がなんと2.4倍。実が株元につきやすいので、収穫の手間が省けるのも特徴です。また、寒冷地の栽培に向いているので、和寒町での開発にはうってつけでした。
カボチャの種はほとんどが輸入にたよっていましたが、安全・安心の面でも国産のものを望む声が強かったということも、開発の後押しとなりました。「ストライプペポ」は寒冷地向きの品種なので、これからは北海道や東北地方などでの生産に期待されます。
〈参考サイト:国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 プレスリリース、殻むきをせずに種子を食用利用できるカボチャ新品種「ストライプペポ」を育成〉(下記のリンク先を参照)

「ストライプペポ」 の種は、味はナッツで、栄養が豊富。実も種も利用したタルトも好評 !!

ペポカボチャの種はヨーロッパでは、頻尿や尿もれなど、泌尿器系の症状の改善に役立つ健康食品として、広く利用されています。
和寒町の「ストライプペポ」の種も栄養価が高く、他のナッツ類よりもミネラルとアミノ酸が豊富に含まれています。ビタミンEやベータカロテンのほか、特に、鉄分や亜鉛はアーモンドの2倍、話題の“オメガ3脂肪酸”(DHA、EPA、αリノレン酸)も豊富です。種のツブが大きいので、種というよりも、むしろナッツです。味はコクがあり美味、ナッツ感覚でポリポリ食べることができます。
「ストライプペポ」は、種を食べるために開発された品種なので、はじめは種だけを販売していました。
おととしから発売されている「わっさむペポなっつ」は、はじめての国産のカボチャの種で、しかも、実が大きくおいしいということで、とても話題になりました。
しかし、捨てられる果肉がもったいないということで研究がはじまり、今年誕生したのが「ペポたると」です。タルト生地に果肉を利用し、種をトッピング。4月から全国で発売されていて、こちらも北海道の新しいお土産として注目されています。
また、青森県十和田市でも「ストライプペポ」を作付けし、種をトッピングした米粉のクッキーが発売されています(200円)。
10月はカボチャの季節です。10月5日に滝川市で開かれたカボチャの重さを競うコンテストでは、実に480kgを越すカボチャがチャンピオンになりました。31日のハロウィーンでは、全国でペポカボチャがランタンとなり活躍します。北海道発、食べるためのカボチャの種は、はじめての国産。収穫も終わり、今年もその種が販売されます。どんな味がするか、食べてみたいですね。


トップにもどる tenki.jpサプリ記事一覧



おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい