スープジャーで冷製ランチ! 冷麺・冷やし汁・スムージー、みんなお弁当にできます♫

2015/08/10 11:00

冬に大活躍していたスープジャー。もしや現在、食器棚で長期休暇中ではありませんか? 保温だけでなく、保冷もできるスープジャーは、食品が傷みやすい夏場こそ頼りになる存在なのです。お昼にちょっと冷たいものを口にできる幸せ・・・夏はお弁当づくりをあきらめていた人も、おうちで美味しいあのメニューをパパッと詰めて、ランチタイムを楽しんじゃいましょう。

夏のお昼と言えば
夏のお昼と言えば
熱いか冷たいか、どっちかに! 夏場はお弁当持参をあきらめている方も多いですよね。食品の細菌が増殖しやすいのは、30℃〜40℃。まさに夏の日中そのもの! 常温でお弁当を保管するのは、たしかに心配です。けれど同時に、10℃以下または60℃以上では、ほとんどの細菌が増殖しないともいわれているのです。ということは・・・「熱いのか冷たいのか」はっきりしてさえいれば、夏でも安全にお弁当を持ってでかけられるってことではありませんか? 『スープジャー(フードコンテナー)』とは、本体に真空の断熱層をつくることによって保温・保冷効果を高めた容器のこと。つまり、広口の「まほうびん」です。メーカーによってデザインやサイズが異なりますが、どれも一食分を基準にしていて、お弁当にぴったり。 密閉性が高くて汁もれもなく、朝入れたスープがお昼になっても熱々のまま。去年の冬も大人気のランチアイテムでした。ところが、気温が上がるにつれてだんだん使われなくなり、夏の間はしまいっぱなしのご家庭が多いようです。「保温性」に優れているということは、「保冷性」もバッチリということ! この機能を眠らせておくのは、もったいないですね。はじめての方も、この夏にスープジャーデビューはいかがでしょう。 ・熱いものはアツアツに、冷たいものはヒエヒエにして入れること。 ・5時間以内には食べるようにすること。 ・蓋を開けたら、一度で食べきること。 上記のような基本の約束事さえ守れば、あらゆる食品を持ち歩くことが可能です。意外なメニューで職場や学校の人をびっくりさせてみては。
夏眠から目覚めて
夏眠から目覚めて
冷製ランチは、朝に蓋をするだけ! 熱中症予防にも◎ ご家庭で夏のお昼といえば、冷たい麺類をツルツルッと。または、冷たい汁やお茶をかけたごはんをサラサラッと。そんな「いつものさっぱりメニュー」がお弁当にできたら、暑い中ランチの買い出しに行かなくてもすみますね。 そうめん・冷やし中華・うどん・そばなどの冷麺類は茹でて水で締め、切った具とともにスープジャーに入れます。つゆは、底にはったり、キューブ状に凍らせてのせたり、別のタッパーで凍らせたものを添えたり。保管状況と食感のお好みで、いろいろ試してみましょう。ハム・ゆで卵・トマトなどの生野菜も、切ってそのまま入れてOK! もちろん薬味も入れられます。 パンやおにぎりに添えて、冷たいポタージュや味噌汁などもぜひ。とくに屋外作業するお仕事の方や運動部の学生さんには、 汗をかいて火照った体をしずめるのにちょうどよい量です。きゅうりなど体を冷やす夏野菜をたっぷり入れた冷やし汁は、熱中症の予防にも効果的。冷たい飲み物をがぶ飲みするより、体にやさしいですね。 サラダやデザートなどの冷製メニューは、前夜にラップをかけ冷蔵庫に入れておくことも可能です。朝は蓋をするだけ。たっぷりのスムージー、フルーツ・シリアル、アサイーボウルなど、ダイエット中のランチも充実します。ゼリーは、保冷している間に固まります。 スープジャー本体は予め冷蔵庫に入れるか、氷水で中を冷やしておきます。もちろん食材は、きっちり冷えた状態で。また、いくら保冷力が優れていても、直射日光が当たるような場所に放置しないように気をつけましょう。
水分も塩分もサラサラッと補給
水分も塩分もサラサラッと補給
熱々のおかゆランチは、胃腸の夏バテを解消! 自販機のドリンクも冷たいものばかりで、夏のお腹は意外と冷えています。エアコンの効いた室内で半日作業していれば、むしろ温かいものが欲しくなるのではないでしょうか。 具だくさんのスープや雑炊・おかゆで、疲れた胃腸を労ってあげるのはいかがでしょう。夕食のシチューや肉じゃがをちょっと多めに作って、翌朝温めたものを詰めてでかければ、お昼には味のしみた美味しい根菜が食べられます。お弁当箱のように急いで冷ます必要もありません。少量のお湯で本体を予め温めておき、中までしっかり火を入れた熱々を詰めるようにしましょう。 汁物とサラダ、カレーとデザートなど、熱いものと冷たいものを 2個持ちで同時に楽しむことができるのも、スープジャーの魅力です。ランチメニューのヒントなどは、リンク先のレシピ集もご参考になさってくださいね。
明日のお腹もポカポカに
明日のお腹もポカポカに
ひとりで留守番するご家族の食事や受験生のお夜食なども、保温・保冷機能を活かして、用意したものをそのまま食べてもらえます。 スープジャーにあれこれ入れて、真夏のお昼が楽しみですね♫

あわせて読みたい

  • 活用しないともったいない! お手軽&省エネのスープジャー

    活用しないともったいない! お手軽&省エネのスープジャー

    tenki.jp

    1/28

    【登山レシピ特集】山頂で出来立ての味わいを楽しめる♪スープジャー弁当の作り方

    【登山レシピ特集】山頂で出来立ての味わいを楽しめる♪スープジャー弁当の作り方

    tenki.jp

    11/16

  • 試行錯誤しながらたどり着いた「食べやすさ優先」 身体が不自由な子どものお弁当事情
    筆者の顔写真

    江利川ちひろ

    試行錯誤しながらたどり着いた「食べやすさ優先」 身体が不自由な子どものお弁当事情

    AERA

    5/10

    食中毒stop!初夏のお弁当づくりでやってはいけないこと

    食中毒stop!初夏のお弁当づくりでやってはいけないこと

    tenki.jp

    6/8

  • 食中毒対策として、GWの行楽、初夏のお弁当づくりで必ず覚えておきたいこと

    食中毒対策として、GWの行楽、初夏のお弁当づくりで必ず覚えておきたいこと

    tenki.jp

    4/26

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す