体を洗わず、湯船につかるだけ⁉ いいことづくめの「つかるだけ入浴法」って? (1/2) 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

体を洗わず、湯船につかるだけ⁉ いいことづくめの「つかるだけ入浴法」って?

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
汚れは落としつつ、適度に皮脂も残せる「つかるだけ入浴法」は、忙しい人に耳寄りの入浴法かも!

汚れは落としつつ、適度に皮脂も残せる「つかるだけ入浴法」は、忙しい人に耳寄りの入浴法かも!

花粉やホコリなどで空気が汚れ、気温が高くなって皮脂の分泌も盛んになる春は、スキンケアに気を使う季節ですよね。
そんな季節に試してみたいのが、「体を洗わず、つかるだけの入浴法」なんです。毎日、全身をしっかり洗っている人からするとびっくりする話ですが、実は肌や体、心にもうれしいメリットがいっぱい! かなり前から話題になっている入浴法ということもあり、実践して肌の状態がよくなったという声も!試してみる価値は大いにありそうです。未体験の人も一度チャレンジしてみては?

方法はカンタン! ゆっくりつかるだけ

70歳を目前にしながら、芸能界でも有数の美肌の持ち主とされるタモリさんが実践していることから「タモリ式入浴法」とも呼ばれる、つかるだけで体を洗わない入浴法。
福山雅治さんや妻夫木聡さんも、この「タモリ式入浴法」に賛同・実践していることから、男性の方にとっても注目の入浴法なんです。
その方法は10分以上、好みの湯温の湯船にしっかりつかるだけ。
そう、たった、これだけなんです。
ただし、体の匂いや脂っぽさが気になる場合は、皮脂の分泌が多い背中と胸をはじめ、ワキの下、へそ、デリケートゾーンなどの汗や匂いがこもりがちな部分を、よく泡立てた洗浄剤でこすらずやさしく洗います。
このとき、エクリン腺という汗腺が多いため、汗をかきやすく細菌が繁殖しやすい足の裏は、ブラシなどを使って念入りに洗浄しましょう。
体も足も、さっぱりした感触で肌に成分が残りにくいシンプルな固形石けんを使うのがおすすめです。


トップにもどる tenki.jpサプリ記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい