「わがままをすべて叶えてもらった」 道尾秀介が最新作で仕掛けた小説ならではの企み

  • 道尾秀介(みちお・しゅうすけ)/1975年、東京都出身。2004年『背の眼』でデビュー。主な作品に『シャドウ』(本格ミステリ大賞)、『カラスの親指』(日本推理作家協会賞)、『龍神の雨』(大藪春彦賞)、『光媒の花』(山本周五郎賞)、『月と蟹』(直木賞)など(撮影/写真部・戸嶋日菜乃)

    道尾秀介(みちお・しゅうすけ)/1975年、東京都出身。2004年『背の眼』でデビュー。主な作品に『シャドウ』(本格ミステリ大賞)、『カラスの親指』(日本推理作家協会賞)、『龍神の雨』(大藪春彦賞)、『光媒の花』(山本周五郎賞)、『月と蟹』(直木賞)など(撮影/写真部・戸嶋日菜乃)

道尾秀介(みちお・しゅうすけ)/1975年、東京都出身。2004年『背の眼』でデビュー。主な作品に『シャドウ』(本格ミステリ大賞)、『カラスの親指』(日本推理作家協会賞)、『龍神の雨』(大藪春彦賞)、『光媒の花』(山本周五郎賞)、『月と蟹』(直木賞)など(撮影/写真部・戸嶋日菜乃)

あわせて読みたい

  • 小林亜星さんに“向田邦子の魅力”を熱弁…道尾秀介が今でも恥ずかしくなる思い出

    小林亜星さんに“向田邦子の魅力”を熱弁…道尾秀介が今でも恥ずかしくなる思い出

    週刊朝日

    8/27

    【累計発行部数600万部突破記念!】作家・道尾秀介さん本人が明かす 少年が主人公の作品が多い納得の理由

    【累計発行部数600万部突破記念!】作家・道尾秀介さん本人が明かす 少年が主人公の作品が多い納得の理由

    dot.

    1/8

  • 芥川賞作家・玄侑宗久と直木賞作家・道尾秀介、ジャンルを超えた異例の“タッグ”!

    芥川賞作家・玄侑宗久と直木賞作家・道尾秀介、ジャンルを超えた異例の“タッグ”!

    dot.

    2/10

    芥川賞の住職が描く、道尾秀介『ソロモンの犬』の続編とは

    芥川賞の住職が描く、道尾秀介『ソロモンの犬』の続編とは

    AERA

    4/1

  • 満場一致の直木賞受賞作『流』 出版されなかった可能性も

    満場一致の直木賞受賞作『流』 出版されなかった可能性も

    週刊朝日

    9/15

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す