「月額4万円」定額住み放題で「場所を問わない」働き方 コロナ禍に若者の利用者が急増

  • 【さくらインターネット/sorano me】城戸彩乃さん(28)/会社員として働きながら、自らの会社sorano meも経営。キャンプやアウトドアが趣味。長野・駒ケ根に滞在し「自然に触れる時間が増えました」(写真:本人提供)

    【さくらインターネット/sorano me】城戸彩乃さん(28)/会社員として働きながら、自らの会社sorano meも経営。キャンプやアウトドアが趣味。長野・駒ケ根に滞在し「自然に触れる時間が増えました」(写真:本人提供)

  • 【起業、副業コンサルタント】関 達也さん(50)/「ブルートレインたらぎ」で娘と。多拠点生活におすすめの地方の魅力を発信するため、昨年一般社団法人デュアルライフ協会を立ち上げた(写真:本人提供)

    【起業、副業コンサルタント】関 達也さん(50)/「ブルートレインたらぎ」で娘と。多拠点生活におすすめの地方の魅力を発信するため、昨年一般社団法人デュアルライフ協会を立ち上げた(写真:本人提供)

  • 関連記事

    • 【全国版】移住したい自治体ランキング177

      【全国版】移住したい自治体ランキング177

    • 外国人が「歩くだけで幸せ」と絶賛する日本の街

      外国人が「歩くだけで幸せ」と絶賛する日本の街

    • コロナ時代の移住先ランキング関東1位は「群馬県で3番目に小さい町」 東北は同率で2市

      コロナ時代の移住先ランキング関東1位は「群馬県で3番目に小さい町」 東北は同率で2市

    写真の記事を読む
【さくらインターネット/sorano me】城戸彩乃さん(28)/会社員として働きながら、自らの会社sorano meも経営。キャンプやアウトドアが趣味。長野・駒ケ根に滞在し「自然に触れる時間が増えました」(写真:本人提供)
【起業、副業コンサルタント】関 達也さん(50)/「ブルートレインたらぎ」で娘と。多拠点生活におすすめの地方の魅力を発信するため、昨年一般社団法人デュアルライフ協会を立ち上げた(写真:本人提供)
関連記事を見る

あわせて読みたい

  • 国内外8万2千円で住み放題「住居サブスク」が人気 地元人との「ゆるいコミュニティー」も魅力

    国内外8万2千円で住み放題「住居サブスク」が人気 地元人との「ゆるいコミュニティー」も魅力

    AERA

    8/12

    コロナで変わる「地方移住」 地域おこし協力隊に応募殺到、オフィス移転も

    コロナで変わる「地方移住」 地域おこし協力隊に応募殺到、オフィス移転も

    週刊朝日

    9/17

  • コロナきっかけに移住希望者が増加 失敗しないための準備とは?

    コロナきっかけに移住希望者が増加 失敗しないための準備とは?

    週刊朝日

    6/27

    東京離れ進む? 2021年は拠点の“地方シフト”で働き方も変化か

    東京離れ進む? 2021年は拠点の“地方シフト”で働き方も変化か

    週刊朝日

    1/9

  • コロナ禍で上昇する“移住熱” 土地価格への影響は?

    コロナ禍で上昇する“移住熱” 土地価格への影響は?

    週刊朝日

    4/23

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す