医療崩壊の中「コードブルー」奮闘するニューヨーク医療従事者たちが日本へ送るメッセージ

  • アレックス・チンさん(左から2番目)は医科大学の卒業を一ヶ月早め、ニューヨークにある病院で感染者の診療に当たっている(本人提供)

    アレックス・チンさん(左から2番目)は医科大学の卒業を一ヶ月早め、ニューヨークにある病院で感染者の診療に当たっている(本人提供)

  • クリスタル・トレスさんは看護師としてニューヨークにある病院で感染患者の診療に当たっていたが、自身も新型コロナに感染した(本人提供)

    クリスタル・トレスさんは看護師としてニューヨークにある病院で感染患者の診療に当たっていたが、自身も新型コロナに感染した(本人提供)

  • エルムハースト病院の壁の前でお祈りをする人々、コロナ感染患者との面会は家族でも許されていない(撮影/Jimin Kim)

    エルムハースト病院の壁の前でお祈りをする人々、コロナ感染患者との面会は家族でも許されていない(撮影/Jimin Kim)

  • 医療関係者に向けて拍手を送るニューヨークの住民(撮影/Jimin Kim)

    医療関係者に向けて拍手を送るニューヨークの住民(撮影/Jimin Kim)

アレックス・チンさん(左から2番目)は医科大学の卒業を一ヶ月早め、ニューヨークにある病院で感染者の診療に当たっている(本人提供)
クリスタル・トレスさんは看護師としてニューヨークにある病院で感染患者の診療に当たっていたが、自身も新型コロナに感染した(本人提供)
エルムハースト病院の壁の前でお祈りをする人々、コロナ感染患者との面会は家族でも許されていない(撮影/Jimin Kim)
医療関係者に向けて拍手を送るニューヨークの住民(撮影/Jimin Kim)

あわせて読みたい

  • PCR検査不十分で「隠れコロナ」に疑心暗鬼 院内感染を恐れる医療現場の声

    PCR検査不十分で「隠れコロナ」に疑心暗鬼 院内感染を恐れる医療現場の声

    週刊朝日

    4/16

    コロナ飛沫が顔に 医師より感染リスク高い看護師たちの危機

    コロナ飛沫が顔に 医師より感染リスク高い看護師たちの危機

    週刊朝日

    12/5

  • クラスター発生の病院院長が告白 「消毒漏れ」は防ぎきれない 院内感染が止まない理由

    クラスター発生の病院院長が告白 「消毒漏れ」は防ぎきれない 院内感染が止まない理由

    AERA

    12/16

    中高年患者急増で病床が不足する 現場が警戒する施設内クラスターと院内感染

    中高年患者急増で病床が不足する 現場が警戒する施設内クラスターと院内感染

    AERA

    11/26

  • 病床数世界一なのに医療体制すぐ逼迫 原因は「分散」と「高齢化」にあった

    病床数世界一なのに医療体制すぐ逼迫 原因は「分散」と「高齢化」にあった

    AERA

    1/24

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す