写真・図版 | 堤真一主演「決算! 忠臣蔵」 新機軸の仇討ち劇 関西弁と必死のやりくりで悲劇も喜劇に?〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

堤真一主演「決算! 忠臣蔵」 新機軸の仇討ち劇 関西弁と必死のやりくりで悲劇も喜劇に? 1/3

坂口さゆりAERA

堤真一(つつみ・しんいち)/1964年生まれ、兵庫県出身。映画、ドラマ、舞台、ナレーションなど多方面で活躍。主な映画出演作に「ALWAYS 三丁目の夕日」(2005年)、「クライマーズ・ハイ」(08年)、「孤高のメス」(10年)など多数。「一度死んでみた」が来年公開予定(撮影/岡田晃奈)

堤真一(つつみ・しんいち)/1964年生まれ、兵庫県出身。映画、ドラマ、舞台、ナレーションなど多方面で活躍。主な映画出演作に「ALWAYS 三丁目の夕日」(2005年)、「クライマーズ・ハイ」(08年)、「孤高のメス」(10年)など多数。「一度死んでみた」が来年公開予定(撮影/岡田晃奈)

[エンタメの記事写真をもっと見る]

記事に戻る


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい