写真・図版 | 「天気の子は賛否両論あるかもしれない」 新海誠が貫いた世界観とは?〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

トップ AERA 記事 写真・図版

「天気の子は賛否両論あるかもしれない」 新海誠が貫いた世界観とは? 

このエントリーをはてなブックマークに追加
中村千晶AERA

「天気の子」/新海誠監督の最新作。家出少年の帆高(左)と不思議な力を持つ少女、陽菜との交流を描く。「君の名は。」に続き、RADWIMPSが音楽を手掛ける (c)2019「天気の子」製作委員会 

「天気の子」/新海誠監督の最新作。家出少年の帆高(左)と不思議な力を持つ少女、陽菜との交流を描く。「君の名は。」に続き、RADWIMPSが音楽を手掛ける (c)2019「天気の子」製作委員会 

[エンタメの記事写真をもっと見る]

記事に戻る


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい